お問い合わせ・お申込みはこちらから 0120-12-4447

お客様の声

  • Shi bun no San

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のWebサイトです。

  • 株式会社野口染舗インフォメーション 染太郎のブログ

    野口染舗の情報発信ブログです。最新情報はこちらからご確認ください。

  • 機関誌さらら

    「機関誌さらら」のバックナンバーをご覧頂けます。

  • 株式会社野口染舗 facebookページ

    野口染舗のfacebookページです。
    写真を交えて私たちの活動をお伝えいたします。

  • 「Shi bun no San」 facebookページ

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のfacebookページです。

しみ抜き〜その種類と対策〜

「いくら」などのタンパク質を含むシミの注意点と処置について

北海道の秋の味覚の定番である「いくら」。

北海道の秋の味覚の定番である「いくら」

「いくら」などはタンパク質を含むシミになってしまいます。
タンパク質を含むシミは注意しなければいけないことがありますので、まとめてみました。

■『いくら』などタンパク質を含むシミは早めの処置が肝心です。

『いくら』など魚卵はタンパク質を含むシミです。

いくらのシミ

タンパク質を含むシミは、シミの部分が凝固する特徴があります。

付着して5日経過したシミ

コチラの『いくら』のシミは付着して5日経過したものですが、かなり硬さが出ています。

■アイロンなど熱を加えることは絶対に避けてください。

熱を加えてしまうと、さらに硬化してシミを除去するのが困難になってしまいます。

■血液やバターや牛乳などもタンパク質を含むシミになります。

まずは水溶性のシミを除去していきます。

水溶性のシミを除去

表面のシミが除去できました。

しかし、これだけではタンパク質が除去できませんので、次にタンパク分解酵素によってタンパク質を除去していきます。

タンパク分解酵素によってタンパク質を除去

この処置がとても重要になります。

温度と時間の調整をはかり素早く処置していきます。

タンパク分解酵素によってタンパク質を除去 タンパク分解酵素によってタンパク質を除去

先ほどの大きな『いくら』のシミが除去できました。

タンパク分解酵素によってタンパク質を除去

まだ周りに飛び散ったシミがありますのでそちらも同様に処置していきます。

コーヒーの色素が茶色く残っています

■早期治療が肝心です!

時間の経過や生地の染色や加工方法などによっても誤差はありますが、タンパク質のシミの中でも比較的困難な『いくら』もこのように、綺麗に除去することができました。

このページのトップへ