お問い合わせ・お申込みはこちらから 0120-12-4447

お客様の声

  • Shi bun no San

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のWebサイトです。

  • 株式会社野口染舗インフォメーション 染太郎のブログ

    野口染舗の情報発信ブログです。最新情報はこちらからご確認ください。

  • 機関誌さらら

    「機関誌さらら」のバックナンバーをご覧頂けます。

  • 株式会社野口染舗 facebookページ

    野口染舗のfacebookページです。
    写真を交えて私たちの活動をお伝えいたします。

  • 「Shi bun no San」 facebookページ

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のfacebookページです。

しみ抜き〜その種類と対策〜

汗ジミはドライクリーニングでは落ちません。

着物を長時間着用していると汗はかいてしまうものです。
洗いに出したのに数年後見てみたら、汗ジミができていた。というご経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

以外と知られていないのが、「汗ジミはドライクリーニングでは落ちないということです。」
汗はわかりずらいシミですが、放置しておくと黄ばみ(黄変)の原因にもなります。
今回は汗抜きの重要性をまとめました。

■着用後にしていただきたいこと

着物を着用された後にまずしていただきたいことは、陰干しです。
この陰干しをすることがとても重要です。
同時に長襦袢や帯、帯揚げなども陰干しをしてください。
この時にシミなどの状況を把握するため全体をみていただくと良いと思います。

陰干し

■長時間着用された場合は汗ジミが付いている可能性が高いです。

汗ジミは見た目ではわかりづらいシミではあるのですが、着物をクリーニングされる時に一緒に汗抜きをすることをおすすめします。
(当店の特選洗いには通常の汗抜きは含まれておりますので安心です)
※すでに変色している汗ジミはしみ抜き料金が別途掛かります。

特に冠婚葬祭や祝賀会、成人式など長時間にわたって着用される時は、汗ジミが付いている場合が多いです。また、写真のように紋の色が胴裏(裏地)に移ってしまっていたり、着物や長襦袢の色が付着してしまっていることがあります。

汗ジミと色移り

■汗ジミは調べてみるとハッキリとわかります

汗ジミが浮かんできました

写真の着物は見た目には汗ジミが目立たなかったのですが、調べてみるとこのようにくっきりと汗ジミが浮かんできました。

■家紋の色移りを除去していきます。

色移りと汗ジミ

写真を見てわかるように、汗ジミと紋の色移りがしているので、状態によっては着物を解いての処置になります。
処置の方法がそれぞれ違うのでまずは、家紋の色移りを取り除く処置を行います。

着物を解いての作業

家紋の色移りは汗によって色が移ってしまったものと思われます。

家紋の色移りを除去 家紋の色移りを除去

■汗ジミを処置していきます。

家紋の色移りの処置が完了しましたら、次は汗ジミを除去していきます。

汗ジミを除去

家紋の色移りと汗ジミの修復を終えるとこのようにきれいになりました。

修復を終えた着物

■汗ジミを放置しておくと黄変に変化して修復が困難になってしまいます。

汗ジミは見た目にはわかりづらいので、着用後そのままの状態にしておくと汗ジミが変色して黄変になってしまいます。

黄変は生地の色が変化してしまっているので、処置するにも生地の負担がとても大きく修復も限界がある場合が多くので、早めの処置が肝心です。

■汗ジミにも効果的なのがすこやかガード加工(はっ水加工)です!

すこやかガードの効果は汗ジミにも発揮します。

すこやかガード(はっ水)加工を施しているものと無いものでは雲泥の差があるので、是非おすすめします 。

すこやかガード加工についてはコチラから
http://www.ngsp.co.jp/oteire/hassui/

このページのトップへ