お問い合わせ・お申込みはこちらから 0120-12-4447
  • 機関誌さらら

    「機関誌さらら」バックナンバー一覧

  • Shi bun no San

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のWebサイトです。

  • 株式会社野口染舗インフォメーション 染太郎のブログ

    野口染舗の情報発信ブログです。最新情報はこちらからご確認ください。

  • 株式会社野口染舗 facebookページ

    野口染舗のfacebookページです。
    写真を交えて私たちの活動をお伝えいたします。

  • 「Shi bun no San」 facebookページ

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のfacebookページです。

機関誌ささら バックナンバー

機関誌ささら

2011年 07月号 第55号

MADE IN JAPAN

~日本ブランド専門店~

北海道の優れた品々と、日本全国の本物の品々を発信するライフスタイルショップ『YUIQ』で当社の「着流しデニム」「サムウェイ」などが期間限定で販売されております。
店内にはメイド・イン・ジャパンのこだわった商品が並んでいます。僕も何度か伺いましたがとても楽しいです。ものづくりへのこだわりが伝わってきます。

『YUIQ』(ユイク)
札幌市中央区大通西3丁目7番地 大通ビッセ2階
電話:011-206-9378
営業時間:10時~20時
URL:http://www.yuiq.jp/



僕にも分かった着物の楽しさ
着物はなぜ右前?
着物は男女共に右前に着ます。左側が上にきているのに右前というのはなぜなのでしょうか?
それは着物を着る時、右の衽を体につけてから左の衽をそれに重ね、左よりも右を【時間的に前に体につける】ため右前と呼ぶ様になった様です。では、右前にするのには何か意味があるのでしょうか。
右前に着物を着るようになった理由については諸説あり定説が無いのですが、歴史的には奈良時代の719年に、全ての人が右前に着るという「衣服令」という法令の一文が起源といわれています。僕が以前調べた中では武士と関連させている説がありました。
武士は、右手で刀を抜きやすいように、腰の左側に刀をさします。いざ戦闘が始まり、刀をさやから抜こうとするとき、もし和服を左前に着ていたら、抜こうとしていた刀が右の衽と胸の間に入ってしまい、刀が引っかかってしまうおそれがあります。もたつくということは武士には死を意味します。この右前にする理由から、左前が死を連想されるようになった様です。
前の号へ
次の号へ

このページのトップへ