お問い合わせ・お申込みはこちらから 0120-12-4447

加 工 事 例

  • Shi bun no San

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のWebサイトです。

  • 株式会社野口染舗インフォメーション 染太郎のブログ

    野口染舗の情報発信ブログです。最新情報はこちらからご確認ください。

  • 機関誌さらら

    「機関誌さらら」のバックナンバーをご覧頂けます。

  • 株式会社野口染舗 facebookページ

    野口染舗のfacebookページです。
    写真を交えて私たちの活動をお伝えいたします。

  • 「Shi bun no San」 facebookページ

    当社オリジナルブランド「Shi bun no San」のfacebookページです。

加工事例

【八掛(裏地)交換の事例】
〈八掛交換をすることで印象が変わります〉
キモノは裏地を交換することができます。
裏地がついてる袷(あわせ)のキモノは胴裏(どううら)と八掛(はっかけ)がついています。
八掛は裾が擦り切れてしまったり、色が派手になってしまって替えたい場合は外して取り替えることが可能です。

続きを読む

【仕立て直し】
〈袷のキモノから単衣のキモノへ仕立て直し〉
裏地の付いている袷(あわせ)のキモノから裏地の無い単衣(ひとえ)のキモノへ仕立て直しの事例紹介です。

続きを読む

【パンツの染め替え】
〈墨黒と黒へ染め替え〉
季節柄、洋服の染め替えのお問い合わせが増えてきました。
今回ご紹介するのはビンテージイギリスワークウェアのLYBRO(ライブロ)と日本のパンツブランドTUKI(ツキ)の染め替えの事例です。

続きを読む

【お孫様へ受け継がれる装い】
〈七五三のお祝着へ作り替え〉
今回のご依頼はお祖母様が着用されていた振袖と帯です。
お孫さんの七五三用のお祝着として作り替えをさせていただいた事例です。

続きを読む

【KESTIN HARE(ケスティンエア)の染め替え】
〈縫製糸が綿糸の場合〉
今回の洋服の染め替え事例はKESTIN HARE(ケスティンエア)の上着です。
基本的に洋服を縫う縫製糸は生地と同色でポリエステル糸で縫製されている場合が多いので糸が染まらないで染め上がります。

続きを読む

【シミ抜き処置の事例】
〈「血液」のシミ抜き〉
加工事例の中でも意外に多いのが血液のシミです。すぐに処置をすればキレイに落とせるのですが、時間が経つと、血液のタンパク質が化学変化で硬化して落としにくくなっていきます。今回の事例は時間が経ってしまった血液のシミを紹介します。

続きを読む

【アウターの染め替え】
〈塩素系除菌スプレーによって変色してしまったアウターの染め替え事例〉
今回紹介させていただく事例は、塩素系漂白剤が入っている除菌剤を使用して 生地が変色してしまったアウターの染め替えのご依頼です。

続きを読む

【お母様から受け継がれる振袖】
〈部分的に柄を修復することが可能です〉
白と黒の市松柄は好みの柄だったのですが、華やかさが少し欲しいということでご相談いただきました。

続きを読む

【洋服の染め替え】
〈MACKINTOSH(マッキントッシュ)のコートの染め替え〉
マッキントッシュのコートはゴム引き加工など特殊な加工をされているものがあります。色ムラになる可能性があること、染色中に生地が剥がれてしまう可能性があることをご承知の上、作業に入らせていただきました。

続きを読む

【破けてしまったキモノの修復】
〈柄を足すことで目立たなくすることが可能です〉
大切なキモノが破れてしまった。
そのような場合のお直しの方法として柄を足すという方法があります。

続きを読む

【OMNIGOD(オムニゴット)のアウター染め替え】
〈染めた後にはっ水加工をおこなった事例〉
OMNIGOD(オムニゴット)のアウター染め替えのご依頼です。

続きを読む

【お孫さんへ受け継がれるキモノ】
〈想いが詰まった特別な七五三の装い〉
ご自身のキモノとコートをお孫さんの七五三用に作り替えのご相談をお受けしました。

続きを読む

【カーキ色のアウター染め替え】
〈カーキ色の色揚げ事例〉
今回の事例はカーキ色が色褪せてしまったアウターの染め替えの事例です。

続きを読む

【キモノからバックと帯へ作り替え】
〈キモノ地からの作り替えの事例〉
キモノから作り替えの事例の紹介です。

続きを読む

【ミリタリーアウターの染め替え】
〈厚手の素材の事例〉
今回の事例は帆布地の様な少し厚手のミリタリーコートの染め替えの事例です。

続きを読む

【訪問着の染め替え】
〈身丈が短いキモノはハギを足して伸ばすことが可能です〉
今回ご紹介させていただく加工事例は訪問着の染め替えです。

続きを読む

【アウターの染め替え】
〈ナイロンが混紡されている事例〉
今回の事例はナイロンが混紡している素材のレポートです。

続きを読む

【キモノ地からバックへ作り替え】
〈着用しなくなったキモノやハギレでバックに作り替えることができます。〉
お召地からバックへの作り替えのご依頼です。

続きを読む

【アルマーニ・デニムの染め替え】
〈ブリーチ加工が施されている事例〉
今回ご依頼いただいたのはアルマーニのデニムの染め替えです。

続きを読む

【トレンチコートの染め替え】
〈ポリエステルが含まれた素材〉
ご依頼いただいたのはトレンチコートです。

続きを読む

【ルイヴィトンのデニムの染め替え】
〈黒へ染め替え〉
ご依頼いただいたのはルイヴィトンのデニムです。
全体に色褪せがあるので黒で染め直しを行いました。

続きを読む

【色留袖の染め替え】
〈派手になった地色は染め替えることが可能です〉
今回ご紹介させていただく加工事例は色留袖の染め替えです。
若い頃にお仕立てされたピンク地の色留袖
色が派手になってしまったので染め替えのご相談でご来店いただきました。

続きを読む

【アニエス・ベーのアウターの染め替え】
〈黒の色褪せは染め替えることで目立たなくすることができます〉
全体的にヤケと色褪せが目立っていましたので、染め変えを行わせていただきました。

続きを読む

【黄変ジミを柄を足して修復】
〈除去することができないシミは柄を足すことで目立たなくすることができます〉
今回の事例のシミは生地が黄変といって黄色く変色してしまった状態になってしまったキモノです。
このような場合にとっておきの方法をご紹介します。

続きを読む

【アウターの染め替え】
〈色褪せを目立たなくするため黒へ染め替え〉
日焼けと洗濯によって全体的に黒が色褪せている状態から、色褪せを目立たなくするため黒へ染め替えました。

続きを読む

【小紋の染め替え事例】
〈派手になった柄を目立たなくする方法〉
薄い黄緑に梅の柄が描かれた小紋
赤い梅が派手になってしまい柄を目立たなくする方法として全体を緑に染め直しました。

続きを読む

【Gジャンの染め替え】
〈黒へ染め替え〉
今回ご紹介する染め替えは「Gジャン」です。
肩から袖、背にかけてヤケが目立っていました。
全体がキレイに染まり、目立っていたヤケが全くわからなくなりました。

続きを読む

【染め替えの事例】
〈30年以上前の雨コートの染め替え〉
ご依頼いただいたのは30年以上前の雨コート。
色が派手なので落ち着いた色合いにしたいというご相談でした。
グレーに少し紫が入った色合いに染めさせていただきました。
市松模様の織柄がくっきりと見えるようになりお洒落な雨コートとして蘇りました。

続きを読む

【曾祖母様とお祖母様から受け継がれた羽織とキモノ】
〈ご家族の思いでが詰まった七五三〉
ご家族の想いが詰まった七五三の装い
思いを受け継ぐ
素敵なエピソードに携わらせていただきました。

続きを読む

【お母様から受け継いだ振袖】
〈身長と体型に合わせて仕立て直し〉
ご依頼いただいた振袖はお母様が成人式の時に着用された思い出の詰まった振袖です。
お嬢様が成人式を迎えられるということでご相談いただきました。
「そのまま着用したい」とのご希望があったのでお嬢様の身長と体型に合わせて仕立て直しをさせていただきました。

続きを読む

【着物が蘇る染め替え】
〈全体に鮫小紋を染めました〉
白地が多かった付下げに全体に鮫小紋柄を染めた事例です。全体にシミがあった場合もこの染め方で目立たなくすることが可能です。

続きを読む

【柄足し修復】
〈カビによる変色の柄足し修復〉
全体にある雲取りの柄がカビによる変色のために柄が黄ばんでいました。黄ばみを出来る限りきれいに修復をしてから雲取りを描き直しました。

続きを読む

【受け継ぎ、次の世代へ】
〈思い出が詰まった特別な七五三の装い〉
お客様がお嫁入の時にお母様に誂えてもらった大切な赤い道行コート。 今回はお孫様が生まれた時に購入した、赤い疋田柄に刺繡の入ったお祝着と合わせて3歳の七五三用にお被布に仕立て直しました。

続きを読む

【オリジナルでおしゃれ紋】
このように図案を考えてオリジナルでおしゃれ紋をいれることが可能です。

続きを読む

【母から娘へ思い出の着物を染替え】
〈付下げに吹雪染め〉
変色したシミが全体にあった付下。
洗張をして全体の汚れをきれいにしてから変色したシミを隠すために山吹色に吹雪染めを施して染替ました。

続きを読む
このページのトップへ