お問い合わせ・お申込みはこちらから 0120-12-4447

加工事例

派手になった地色は染め替えることが可能です

今回ご紹介させていただく加工事例は
色留袖の染め替えです。
若い頃にお仕立てされたピンク地の色留袖
色が派手になってしまったので染め替えのご相談でご来店いただきました。
ぼかしはそのまま残るようにピンクの地色を小豆色に染め替えを施しました。
柄も赤系と緑系の発色が少し派手でしたので、 金銀彩加工で色味を抑えました。
金彩加工と聞くと一見派手になるのでは…と思われがちなのですが、
派手な色味が抑えられてこのように上品な印象になります。
出来上がりをお客様へお見せしたところ
「今まではピンクで着ることが出来なかったけれど、着る機会を増やしていきたい」
と仰ってくださいました。
「人生の喜びと感動にお手伝い」
野口染舗の事業領域と考えています。

このようにお客様のお手伝いをさせていただけたことをスタッフ一同嬉しく思います。
このページのトップへ